電気料金を比較するとコストダウンに成功する

生ごみや糞尿で発電

工場

エネルギーと堆肥に

バイオガス発電とは、生ごみや糞尿を発酵させ、そこから出てくるバイオガスを燃やすことで電気を作り出すというシステムです。生ごみにしても糞尿にしても、人間の生活では必ず出てくるので、バイオガスは理論上は無尽蔵のエネルギーと言えます。太陽光も無尽蔵のエネルギーとして知られていますが、太陽光発電の場合、夜間や雨の日の発電効率は著しく下がります。それに対してバイオガス発電では、時間帯や天候に左右されることなく、電気がコンスタントに生み出されます。そのためバイオガス発電は、エコロジーな上に安定しているという点で、世界的に注目されています。もちろんバイオガスの燃焼は、湯沸しなどにも利用できます。つまりバイオガス発電装置を導入すれば、都市ガスやプロパンガスの代わりに、バイオガスを使用できるようになるわけです。したがってバイオガス発電は、電気料金とガス料金の両方の節約になることからも、話題となっています。加えて、バイオガスを取り出した後の生ごみや糞尿は、加工によって堆肥となります。堆肥は田畑で利用されますし、その田畑で育った作物の一部は、生ごみとして再びバイオガスの材料となるのです。こういった好循環で、無駄なく利用を続けることができるので、昨今では多くの施設でバイオガス発電装置が導入されるようになっています。生ごみや糞尿を多く処理する必要がある農場や牧場では、特に高い需要があります。小型の発電装置の開発も進められているので、家庭での普及率も高まりつつあります。