電気料金を比較するとコストダウンに成功する

積み木とコンセント

電力を自由化するメリット

電力自由化したことによって電気を購入できる会社の選択肢が広がり、サービスや料金の質が向上しました。また他業種の企業から電気を購入することで、電気を企業の商品やサービスとセットで購入する事ができお得になります。

サイトを使って絞り込み

男女

最後は自分で決める

電力自由化がはじまってから1年以上が経過し、徐々に自分の家も新電力会社に切り替えて電気料金を下げようという動きが強まってきています。インターネットで電気料金を比較するサイトを検索すると多くの電気料金比較サイトを見つけることができます。多くの電力会社があるだけでなく、ひとつの電力会社の中にも多くのプランがあるので、ひとつひとつを調べて、自分にとってメリットがあるかどうかを調べ上げるのは大変なことなので、電気料金比較サイトは非常に便利なものです。しかし、誤った入力をすると誤った比較結果が表示されてしまうので、正しく入力する方法を説明します。サイトに入力する数値は電気料金ではなく、電気使用量を入力してください。毎月の検針票には電気料金だけでなく、電気使用量や契約内容や割引内容や調整費など多くの項目が記載されています。間違えて電気料金を入力してしまうと、割引や調整費を含んだシミュレーションがされてしまうため、誤った比較結果が表示されてしまいます。また電気料金比較サイトはそれぞれ独自の比較の仕方をしていますので、シミュレーション結果が異なることが多いものです。必ず1つだけのサイトを使うのではなく、複数のサイトの結果を比較しながら検討するようにしてください。最後は必ず自分で計算するようにしてください。電気料金比較サイトは非常に便利なものですが、多くの電力会社から数社を選ぶのに利用するようにします。そこから1社に絞るのは自分で電卓をたたいて最終決定をします。

工場

生ごみや糞尿で発電

昨今では、生ごみや糞尿を利用したバイオガス発電が注目されています。バイオガスと電気とがコンスタントに作り出されるので、ガス料金と電気料金の節約になるからです。さらに残った生ごみや糞尿は、堆肥となります。バイオガス発電装置は、主に農場や牧場で導入されていますが、家庭でも少しずつ普及してきています。

家

電力の新しい使い方

電力自由化以後の各社の電気料金の比較は、専門のサイトを利用するとすぐに行えます。料金はもちろん、自然環境への影響やセットの有り無しなどを基準に比較が出来るのが、最近のサービスです。活用することで、最適なサービスが見つかります。